Googleアカウントの作成、確認方法

Googleアカウントの新規作成方法と、アカウントがわからなくなった時の確認方法について解説していきます。

Googleアカウントの作成手順

新規でGoogleアカウントを作成する場合の手順を解説していきます。

1.Googleアカウントの作成ページにアクセスする

2.必要項目を記入する

  • 「姓」、「名」に名前を入力
  • 「ユーザー名」に任意の名前を入力
  • 「パスワード」「確認」に任意のパスワードを入力

ユーザー名は他に使用している人がいなければ、半角英数字とピリオドの組み合わせで自由に決めることが可能です。
また、ここで入力したユーザー名がGmailのアドレスになります。

パスワードは半角英数字とパスワード、記号の8文字以上の組み合わせで設定が可能です。
ここで設定したパスワードがGoogleアカウントにログインするためのパスワードになるので必ず忘れないように注意してください。

全て入力できたら「次へ」をクリックしてください。

3.追加で要求される必要項目を記入する

  • 電話番号を入力(任意)
  • 再設定用のメールアドレスを入力(任意)
  • 生年月日を入力
  • 性別を入力

電話番号とメールアドレスの登録は必須ではありませんが、
アカウントのセキュリティ設定やパスワードを忘れてしまった場合に使用するので、設定しておきましょう。

すべて入力できたら「次へ」をクリックしてください。

プライバシーポリシーと利用規約の確認

内容を確認し、問題がなければ「同意する」をクリックしてください。
これで、Googleアカウントの作成は完了です。
作成が完了すると、既にGoogleアカウントにログインした状態になっているので確認してみてください。

Googleアカウントの確認方法

  • 自分がGoogleアカウントを持っているかわからない
  • ユーザー名がわからなくなってしまった

上記の場合、Googleアカウントの確認方法について解説していきます。

アカウントの復元ページにアクセスする

出典:Google

Googleアカウント作成時にメールアドレスか電話番号を登録してあれば、
上記の画面に入力するとパスワードの入力画面に移動できます。
パスワードが思い当たらない場合は、登録している電話番号に確認コードを送って再ログインすることができます。

パスワードの入力画面に移動ができない場合は、Googleアカウントが存在しないことになるので、
新規でGoogleアカウントを作成しましょう。
また、Googleアカウントの作成時にメールアドレスや電話番号を登録していない場合は、この画面から確認することができないので注意しましょう。

まとめ

Googleアカウントの作成方法と、確認方法についてお分かり頂けたでしょうか。Googleアカウントを活用してGoogleの様々なサービスを活用していきましょう。

「対応方法が分からない」「自分でやるのは難しい」とお悩みの方には
実装も可能なジオコードのSEOがおすすめです!