LINE広告って何ができるの?

2016年6月からスタートしたLINEの運用型広告であるLINE広告(旧:LINE Ads Platform)も既にサービス開始から4年を迎えようとしています。これまでにさまざまな機能が追加されたり、配信システムを大幅に刷新したりといろいろなアップデートがありました。この記事を機会に、まだ運用したことが無い方はLINE広告の理解を深めていただければと思います。また、既に運用している方も基本的な部分の振り返りになればと思います。

LINEって何?

既にご存じの方も多いと思いますが、「LINE」は日本国内で最大級のMAU(月間利用者数)8,300万人を誇るコミュニケーションアプリです。1対1のトークやグループトーク、無料通話といったコミュニケーション機能に加えて、LINE NEWSやLINE Pay、LINEマンガなどさまざまなサービスを展開しております。さまざまな機能と利用者数の多さからも分かるように、今となっては生活インフラの1つになっているSNSと言えます。

LINE広告の主な配信面

LINE広告はタイムラインだけではなく、LINE NEWSやLINEマンガなどLINEのさまざまなサービスにも配信されます。また、2019年8月からは4,600万MAUにリーチできるというアドネットワーク「LINE広告ネットワーク」も開始され、「クックパッド」や「C CHANNEL」や「ウェザーニュース」などといった外部アプリメディアへの広告配信も可能なりました。それでは、LINE広告の主な配信面を見ていきましょう。

Smart Channel

LINEアプリの中で最もユーザーのアクティブ性が高いのがトークリストです。その最上部枠に広告をトークリストと同じ形式で表示できます。ユーザーのアクティブ性も高く、目立つ位置に掲載されるため、大規模なプロモーションに活用できます。

LINE NEWS

MAU6,800万人超(2019年7月時点)と高いアクティブユーザー数が特徴のLINE NEWSでは、LINEアプリ内の「ニュースタブ」のトップページや記事一覧ページに加えて306媒体(2019年8月時点)におよぶアカウントメディアの記事一覧ページに広告が配信できます。新製品の発売情報や即時性のあるコンテンツとの相性が良い掲載面と言えます。

LINE広告ネットワーク

LINE広告ネットワークは、MAU4,600万人にリーチできるモバイルアドネットワークです。2019年8月のサービスローンチによって、従来のLINEアプリ内の配信面に加えて外部アプリメディアへの配信が可能になりました。「クックパッド」や「TRILL」といったライフスタイルアプリや、「マンガワン」「Lobi」といった娯楽系のアプリなど多くのジャンルのメディアを網羅しており、LINEの生み出す膨大なデータを活用したターゲティング配信が可能です。

上記の3つ以外にも、LINE広告にはたくさんの配信面があります。

  • タイムライン
  • LINEマンガ
  • LINE BLOG
  • LINEポイント
  • LINEショッピング

配信面ごとの特徴を理解することで、配信面に適したクリエイティブの作成を心がけましょう。

LINE広告の主な配信機能

LINE広告には、広告のターゲットや目的に応じて使い分けができるように、さまざまな配信機能が用意されています。そのなかでも特徴的な機能をいくつかご紹介します。

デモグラフィックデータ配信

年齢、性別、地域、興味関心などでターゲットを指定して配信できます。広告のターゲットとなるユーザーの属性や興味を推測してターゲティングすることで、アクションにつながりやすいユーザーを限定して広告を表示させることができます。そのため、費用対効果の高い配信が可能です。
また、現在では地域を指定した地点から半径で指定できるようになりました。小売店などの実店舗での配信に有効活用できそうですね。

オーディエンス配信

ユーザー情報を利用して、配信対象となるユーザーをセグメントできます。例えば、商品購入済みのユーザーに再度広告を表示(リマーケティング)させたり、LINE公式アカウントの友だちに広告を配信したりすることができます。また、オーディエンスは上部メニューの「オーディエンス」から作成可能です。

各オーディエンスの詳細は下記になります。

オーディエンス名詳細
ウェブトラフィックオーディエンスサイト訪問や購入済みなどウェブサイトの行動履歴をもとに作成可能(いわゆるリマーケティング)
モバイルアプリオーディエンス初回起動やアプリ内課金などアプリ内のイベントをもとに作成可能
IDFA/AAIDアップロードIDFA/AAIDといった広告IDをアップロードすることで作成可能
電話番号アップロード電話番号のデータをアップロードすることで作成可能
メールアドレスアップロードメールアドレスのデータをアップロードすることで作成可能
LINE公式アカウントの友だちオーディエンスLINE公式アカウントの友だちをもとに「有効友だち」と「ブロック中の友だち」で作成可能
類似オーディエンスオーディエンスターゲティングをもとに1〜15%の範囲で作成可能
動画視聴オーディエンス動画広告を一定時間、もしくは最後まで視聴したユーザーをもとに作成可能

Cost Per Friends(CPF)

LINE広告を通じてLINE公式アカウントの友だちを獲得する広告です。広告が見られただけでは課金されず、友だちが追加されるごとに課金されるシステムのため少額からでも始めやすい広告です。自然な流入により関心度の高い友だち獲得が期待できます。

友だちオーディエンス配信

前述したオーディエンス配信の中から友だちオーディエンス配信をピックアップしてご紹介します。LINE公式アカウントの友だちをもとにオーディエンスを作成し、そのオーディエンスへの配信する方法です。オーディエンスは「ターゲットリーチ(ブロックされていない友だち)」「ブロック中の友だち」の2つが作成できます。また、このオーディエンスをもとに類似オーディエンスも作成が可能です。既存顧客に類似している未接触のユーザーへの広告配信ができるため、新規顧客の獲得に有効と言えます。

LINE広告には他にも

  • 類似配信
  • リエンゲージメント配信
  • 自動最適化配信
  • 予約型広告

といったさまざまな機能があるため、機能を理解してターゲットに応じて使い分けができるようにしましょう。

LINE広告のメリット

ここまではLINE広告の機能面を見てきました。豊富な掲載面と機能もLINE広告のメリットだと思いますが、その中でも特にメリットだと言える部分を抽出してご紹介します。

LINE使用ユーザーのアクティブ率が高い

国内のMAUは8,400万人以上。
日本の人口の66%以上をカバーしています。

画像引用元:2020年1-6月期 媒体資料 LINE Business Guide 2020年1月-6月期

最初にも紹介しましたが、LINEはユーザーのアクティブ率がとても高い媒体です。MAUは8,300万人と日本人口の65%以上が使用していることになります。これだけの人数にアプローチできることは、LINE広告を配信する大きなメリットと言えます。

また、この数値を他の国内主要SNSと比較しても圧倒的に多い数値となっていることから、LINEという媒体がいかに使用されているか分かります。

他サービスではアプローチできない新規層にもアプローチが可能

国内8,400万人以上のMAUを基盤にしているため、利用率が高いだけでなく、LINEのみでリーチ可能なユーザーが多く存在しています。


LINEは利用率が高いだけではなく、LINEのみでリーチ可能なユーザーが多く存在しております。TwitterとFacebookを合わせた利用ユーザーのうち、39.9%はLINEでしかアプローチできないユーザーというデータも出ております。訴求できていない新規ユーザーに訴求ができることは大きなメリットと言えます。

CPFで公式アカウントの友だちを増やすことが可能

配信機能でも紹介しましたが、LINE広告ではCPF配信を使うことでLINE公式アカウントの友だちを増やすことができます。CPFではロイヤリティの高い友だち獲得を実現できます。CPFがリリースされる以前は、無料のLINEスタンプをインセンティブにした友だち獲得施策が主流でした。ただし、この方法だとスタンプをダウンロードしたユーザーがすぐにアカウントをブロックしてしまうという懸念点がありました。(私も実際によくブロックしていました…)

CPFではインセンティブ無しでユーザーにアプローチできます。純粋に友だちになりたいと感じたユーザーに対してアプローチするため、ロイヤリティの高いユーザーを獲得できる見込みが高いと言えます。

注意点

メリットばかりをご紹介してきましたが、LINE広告には注意点もあります。

まず、掲載不可の商材が多いことです。

画像引用元:2020年1-6月期 媒体資料 LINE Business Guide 2020年1月-6月期

他媒体に比べて、掲載不可の商材が少し多い印象です。アカウント開設時に商材に対して掲載可否の審査が入るため、事前に確認しておくことが必要です。審査が厳しいがゆえに広告の質が担保され、安心してLINEを使うことができるとも言えます。

まとめ

リリース当初はターゲティングも大まかにしか設定できなかったLINE広告ですが、徐々にターゲティングの幅も広がってきており、さまざまな配信機能も追加されて今後の展開にも期待ができる媒体です。媒体のリーチ力としては、とても大きいため新規顧客の獲得を狙っている方はLINE広告の配信を検討してみてはいかがでしょうか?