SWOT(スウォット)分析とは?客観的に分析するための考え方

ビジネスシーンにおいて、経営戦略や事業計画の策定時に多くのフレームワークが使われますが、その中でもSWOT分析はよく使われるフレームワークの1つです
自社がおかれている状況について多角的に捉えることで客観視ができ、経営戦略やマーケティング戦略の策定などに役立てることが可能でなので、ぜひ活用してみてください

SWOT分析とは?

SWOT分析とは、「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」の4つの要素の頭文字をとって作られた経営戦略の策定などに役立てるためのフレームワークです。

SWOT分析は、自社がコントロールできる「内部環境」と、自社でコントロールできない「外部環境」の二つのカテゴリーで分けられます。

内部環境は例えば、自社商材、ブランド力、人材、資金力、立地などがあり、外部環境は社会情勢の変化、人口減少、観光客の増加、法律が変わる、ライバル企業の存在などがあげられます。

さらに、内部環境、外部環境それぞれのプラス面、マイナス面を可視化して分析することで効果的な戦略を練ることができます。

次からは各項目について解説をしながら、どのように分析を行っていくのか説明していきます。

Strength(強み)

自社商材などにおける他社にはない強み。

例:業界歴が長い。技術力が長けている。商品の値段が安い。など

Weakness(弱み)

自社が抱える弱み。

例:原価率が高い。製造に時間がかかる。リソースが足りない。など

Opportunity(機会)

政治動向や経済状況において得られるビジネスチャンス。

例:コロナウィルスにより需要が増えた。(マスク、WEB会議等)商材に対しての助成金を国が出してくれる。

Threat(脅威)

自社の強みをが消滅してしまう様な、情勢や他社の動き。

例: コロナウィルスにより政府から自粛要請。(外食産業など)他社が市場を独占。

SWOT分析の活用方法

SWOT分析をおこなうにあたって重要なポイントを説明していきます。
前提としてSWOT分析は、ただ単純に情報を並べていくだけでは全く無意味になってしまいます。
3C分析、4P分析、STP分析、バリューチェーン、PEST分析などの他のフレームワークも活用し客観的かつ正確に分析を行うようにしましょう。
例として、実際にSWOT分析表を活用して、駅近の定食屋さんを分析してみた図になります。

SWOT分析の手順

まずSWOT分析を行う目的を明確にしましょう。
多角的に見る分析方法となりますので、目的が明確でないと具体的な戦略も立てられません。しっかりと目的定めましょう。

目的を明確にしたら、SWOT分析を外部環境から始めましょう。
これは、外部環境は政治要素や時事が密接に関わるため、外部環境が内部環境に影響を及ぼす可能性があるためです。先に内部環境のSWOT分析を行っても、それが外部環境によって覆されることもあります。

まずは政治状況、法律、時事の状況などを把握し分析していきましょう。
内部環境、外部環境の分析ができましたら、上記のような分析表を作成し視覚的に確認できるようにします。

クロスSWOT分析

SWOT分析についての理解はできたと思いますが、実際に目的達成のためには、さらに「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」の4つの要素を掛け合わせて分析を行っていきます。これをクロスSWOT分析といい、下記の様に展開します。

クロスSWOT分析を行うにあたって、各項目ごとに優先順位をつけていきましょう。

優先順位をつけるにあたり、最優先で考えるべき内容は「機会×強み」です。
多くの「強み」と「機会」があれば、それだけ多くの戦略を考えることができます。
「強み」を「機会」にぶつける事で、自社の「強み」がいかにマーケットの動きに貢献するかを積極戦略で導くことが重要です。

また、違った「強み」を同じ「機会」に組み合わせる事でさらに多くの戦略の種が見つかるはずです。

クロスSWOT分析で優先度など決めた後、その内容を基に今後とるべき経営戦略やマーケティング戦略をロードマップに落し込みましょう。

この戦略を現場スタッフの方などとすり合わせを行いブラッシュアップ
することも重要です。より具体的な戦略とするためにもしっかりと議論していきましょう。

まとめ

SWOT分析についてご理解いただけましたでしょうか?
SWOT分析は経営戦略、マーケティング戦略を策定する上で欠かせないフレームワークです。
しっかりと活用し今後の戦略に活かしていきましょう。