GOOGLEアナリティクスでDirect(ノーリファラー)と計測される原因とは

この記事ではGoogleアナリティクスのレポート画面で表示される「ノーリファラー」とは何かについて解説します。また、ノーリファラーが表示されてしまう原因と解決方法を解説します。Web担当者の多くがGoogleアナリティクスをトラフィック分析に活用していますが、何かと疑問に思われることが多いのがノーリファラーです。

なんとなく別サイトを経由しないダイレクトのアクセスと認識している方もいるかもしれませんが、実際はノーリファラーと計測されるのは様々なケースがあります。
その「ノーリファラー(参照元なし)」の値が最近急増しているケースが増えているのです。
今回は、「ノーリファラー」が発生してしまう原因と、その対策を紹介します。

ノーリファラーとは

Googleアナリティクスの管理画面を見ていると、「direct / none」と表示されているものがあります。
これがノーリファラーと呼ばれ、「参照元なし」という意味になります。つまり、ユーザーがどの経路でWebサイトに流入してきたかをGoogleアナリティクスが計測できなかったことを指します。

例えば、ノーリファラーになる例には以下のようなものがあります。

  • ブックマーク(お気に入り)からの訪問
  • ブラウザのアドレスバーに直接URLを入力しての訪問
  • メールマガジンからのアクセス
  • スマートフォンアプリからの訪問
  • QRコードの読み取りからのアクセス
  • セキュリティソフトや個別設定で、参照元を送信しない設定にしている場合
  • httpsサイトからのアクセス

ブックマーク(お気に入り)からの訪問

ブックマークを活用している人は多いですが、こちらはノーリファラー扱いになります。

ブラウザのアドレスバーに直接URLを入力しての訪問

アドレスバーにURLを直接入力してアクセスした場合もノーリファラー扱いになります。

メールマガジンからのアクセス

メールに記載されているURLをクリックしてのアクセスの場合もノーリファラー扱いになります。その為、メールマガジンに載せるURLには区別しやすくするためにパラメータを付与したURLを使用することで数値計測をするようにすることが望ましいとされます。

スマートフォンアプリからの訪問

スマートフォンアプリ内でリンクを踏んで流入した場合、基本的にはノーリファラーとなります。

ただし一部のアプリではリンクをクリックした際、一旦別のURLに飛ばした後にリダイレクトしてページを呼び出すことで、リファラー(参照元)情報を引き渡している場合もあります。

QRコードの読み取りからのアクセス

QRコードからのアクセスもノーリファラーになります。
こちらも上記のメルマガ同様、パラメータ付きのQRコードを設定する事で、区別しての計測が可能になります。

セキュリティソフトや個別設定で、参照元を送信しない設定にしている場合

ユーザー側の個別設定で参照元を送信しない設定にしている場合は、リファラー情報を計測できずノーリファラーとなります。

httpsサイトからのアクセス

SSL(暗号化)に対応しているサイトから対応していないサイトにアクセスした場合、リファラーの情報が引き渡されないためノーリファラーとなります。
httpsで始まるサイトから、httpで始まるサイトにアクセスした場合、リファラー情報が引継ぎされない為、どこのサイトを経由してアクセスしたのかが不明なためノーリファラーとして計測されるのです。

ノーリファラーの解決策

上記で挙げているノーリファラーとして計測されてしまうというパターンを避けることでアクセス解析をより詳細に分析することが出来るようになります。ノーリファラーとして計測されない為の解決策として実際に行える方法は少ないですが、最もシンプルな解決方法は、サイトの「https(暗号化)」を行うことです。

サイトの「https(暗号化)」

もし、サイトがhttpのURLの状態で運用しているのであれば、サイトの「https(暗号化)」を行いましょう。それも、サイトの全てのページを丸ごと暗号化する「常時SSL」がおススメです。
サイトのどのページへ被リンクが貼られるかが不明である以上、全てのページをhttps化するのが一番シンプルで効果的です。そうすることで、サイト内のどのページに訪問あってもリファラー(参照元)情報を漏れなく取得することができます。

まとめ

サイトへのアクセスがノーリファラーとなる流入には複数パターンがあります。チャネルがダイレクトと計測されていても単純にブックマークしてくれるユーザーが増えたとは言い切れないのです。

その為、サイトへの流入数でノーリファラーの割合が高い場合にも、メールマガジンに掲載しているURLにパラメータをつけ忘れていないか、サイトがhttpsに対応しているかなど焦らずチェックして見ましょう。

自身のサイトの特性や集客施策の状況に合わせて、ノーリファラーとうまく付き合い、より正確な分析を目指しましょう。