One to Oneマーケティングによって得られるメリットと実践方法

インターネットの普及により、現代社会には膨大な情報が溢れており、顧客一人一人のニーズは多様化してきています。
そのため、マスマーケティングのような大衆に向けたマーケティング戦略が難しくなってきている傾向にあります。

そこで近年注目されてきているのが、個人にフォーカスしたマーケティング手法です。

個人にフォーカスしたマーケティング手法は様々ありますが、中でも今回は、「One to Oneマーケティング」という手法を紹介します。
実際にOne to Oneマーケティングを行うことのメリットや具体的な実践方法について、詳しく解説していきます。

One to Oneマーケティングとは?

そもそもOne to Oneマーケティングとは、顧客一人一人に合わせたマーケティングを行うことです。誰に対しても同様のマーケティング活動を行うのではなく、顧客の興味関心に合わせた情報発信を行い、アプローチします。

一人一人に合わせて情報発信を行うのは、難しいと感じるかもしれませんが、IT技術の発達により複雑な作業も自動化して行うことができるようになりました。中でも、Cookieという技術がそれを可能にしました。

Cookieとは?

Cookieとは、ホームページを閲覧したユーザーの情報を一時的の保存する仕組み、またはそのデータのことです。
Cookieのデータをもとに個人の特定ができるので、一人一人に合わせたマーケティングを可能にします。

One to Oneマーケティングのメリット

実際にOne to Oneマーケティングを行うことのメリットを2つ紹介していきます。

① 顧客への効率的なアプローチが可能となり、購買につながる可能性が高い

業界やサービスによっては、マスマーケティングなどの不特定多数へのマーケティング手法より効率的に顧客にアプローチできるかもしれません。
例えば、スポーツジムなどでは、店舗周辺の住宅にひたすらポスティングを行うのではなく、一度ジムを利用したことのあるお客さんへ向けてメルマガでキャンペーン情報を送る方が効率的かもしれません。

また、顧客に合わせた情報発信を行うため、購買に繋がる可能性が高くなる傾向にあります。

例えば、サイトに2回、3回と訪れている購買意欲の高いユーザーには、前回の閲覧履歴に関連した商品などを勧め、購買率やリピート率を上げられるかもしれません。

② 多数のセグメントからターゲットを絞ることができる

Cookie情報と自社のデータを組み合わせることで、「いつ」「誰に」「どの商品・サービスを」「どの媒体で」情報発信するのかといった、個別セグメントのアプローチも可能になります。

アプローチの仕方やデータ分析によって、ターゲットが具体化し、より興味度合いの高いユーザーにアプローチすることが可能となります。そのため、費用対効果も高めることができるかもしれません。

One to Oneマーケティングの具体的な実践方法

ここからは実際にOne to Oneマーケティングを行う上での、具体的な実践方法を紹介していきます。

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、一度Webサイトに訪問した顧客の行動を追跡して、他サイトの広告枠に、広告を表示させる方法です。

ニュースサイトなどをイメージすると分かりやすいのではないでしょうか?
サイトを閲覧している際に、画面の広告枠に、自分が閲覧したことのある商品の広告が表示されたりします。
偶然同じ広告が表示されている訳ではなく、先ほどのCookieの情報をもとに、あなたが閲覧したことのある広告を表示させているのです。

以前、購入を検討した商品を、別サイトの広告枠に表示させることで、Webサイトへの再訪問や購入の再検討を促すことができます。
購買意欲の低い顧客へ一方的に広告を表示させるよりも、一度サイトに訪れた購買意欲の高い顧客へアプローチしたほうが効果的ですよね。

リターゲティング広告により、このようなアプローチが可能となります。

レコメンデーション

レコメンデーションとは、顧客の好みを分析し、その顧客に適していると思われる情報を提供することです。 Amazonなどのショッピングサイトをイメージするとわかりやすいと思います。

「あなたへのおすすめ」といった、購買した商品に関連した商品をおすすめする機能もあります。その商品を購入した別の人がチェックしていたり、同時に購入した商品を、興味を持ちそうな商品としておすすめしてくれます。

レコメンデーションもリターゲティング広告と同様にCookieの情報をもとにしています。
レコメンデーションの技術には下記の4種類があり、アプローチする顧客によって使い分けてみましょう。

ルールベース

予め決められたルールに従って商品をおすすめする。
例:商品Aを買った人には、商品Bを推奨すると予め決めておく

コンテンツベース

商品の類似性をもとに、関連商品をおすすめする。
例:テレビの購入者には、テレビ台をおすすめする

協調フィルタリング

サイト上での行動・購買履歴をもとに、対象者と類似したユーザーが購買しているアイテムをおすすめする。
例:商品Aを買った人は、商品Bも買っています

ベイジアンネットワーク

商品・属性・行動履歴などの様々な情報をもとに、ユーザーの購入確率が高い商品をおすすめする。

LPO(ランディングページ最適化)

LPOとは、顧客が最初に訪れるWebページの内容や構成を工夫し、購買率や会員登録の割合を高める方法です。サイトを訪問する顧客に合わせて表示ページを設定することも可能です。

例えば、複数の店舗を経営していて、東京と大阪に店舗がある場合を想定します。東京店舗のサイトを見ている顧客には東京店舗ならではのキャンペーンページを表示させ、大阪店舗のサイトを見ている顧客には大阪店舗ならではのキャンペーンページを表示させることも可能です。

このように顧客の場所に合わせて表示される内容を変更することで来店率が上がる可能性があります。
他にも、エステサロンなどでは、痩身目的の人もいれば、美顔目的の人もいるため、店舗が同じでも表示されるサービス内容を変える必要があるかもしれません。

その他にも、顧客が訪れる時期や時間ごとに表示するメッセージを変えたりすることで、成果の割合を改善することができる可能性があります。

まとめ

今回は、One to Oneマーケティングとはどのようなもので、実際に行うことのメリットとその具体的な実践方法について紹介しました。

One to Oneマーケティングは顧客一人一人のニーズに合わせてアプローチすることができるので、購買率やリピート率が上がる可能性やマーケティング戦略次第では、顧客が嫌な思いをすることが少なくなる可能性があります。

具体的な実践方法については、リターゲティング広告、レコメンデーション、LPO(ランディングページ最適化)の3つを紹介しました。
こちらに関しては、あなたの業界やサービスによって、向き不向きはあると思うので最適な方法で実践してみてください。

One to Oneマーケティングは使い方によっては、現在のマーケティング戦略の改善に繋がる手法かと思いますので、是非検討してみてはいかかでしょうか。

また Web広告についてお悩みの方はお気軽にご相談ください。