ウェブ解析士とは?資格取得方法やメリットを解説

この記事では、「ウェブ解析士」について、資格を取得する方法や取得するメリットを解説します。ウェブ解析士の資格を取得することで、知識や実務能力を身につけることができ、ウェブ解析のスペシャリストとして活躍できます。

ウェブ解析士とは

ウェブ解析士とは、「アクセス解析、KPI設計・事業に即した計画立案・ファシリテーションなど、実務で活躍できる人材を養成する認定資格」です。

Web解析士協会公式HP

ウェブ解析というと、多くの人がGoogle Analyticsなどの「アクセス解析」を思い浮かべると思いますが、これはウェブ解析士が行うウェブ解析の内の一つでしかありません。
ウェブ解析士が行うウェブ解析という業務は、単にアクセス解析を行うだけでなく、電話による問合せの件数や営業時の成約率・商談率といったWeb以外のオフラインデータも全て含めて解析を行います。
つまり、クライアントの事業が抱える課題を見つけ、改善策を立案することで、クライアントの事業に+αの成果をもたらすのが、ウェブ解析士です。

ちなみに、「ウェブ解析士」には3つの資格があり、難易度の低い順に「ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」があります。

ウェブ解析士とは

ウェブ解析士

ウェブ解析及びウェブマーケティングの知識を習得し、社内のWebマーケティング業務の遂行・効率化を目指す資格です。
Webマーケティングの基礎知識を学びたい方や、まだWebマーケティングを初めて日が浅い方にオススメの資格です。

上級ウェブ解析士

Webマーケティング・Web解析の応用知識を取得し、データを正しく認識したうえでクライアント・社内経営陣への説明・説得を可能にし、事業の成果に繋げる新規事業提案等の提案スキル向上を目指す資格です。
ウェブ解析士をすでに取得済みでさらに詳しい知識や技能を身につけたい方や、Webマーケティングに長期間取り組んできた方にオススメの資格です。

ウェブ解析士マスター

自らが講師として独自に講義を開設し、大学などの教育機関や企業で認定講座の講義と指導を行うことのできる知識と技能を身につけることを目指します。
Webマーケティングのプロの講師として働きたい方のための資格です。

ウェブ解析士の資格取得方法

ウェブ解析士の資格を取得するには2つの方法があります。一つは、ウェブ解析士講座を受講して認定試験を受験する方法、もう一つは、直接認定試験を申し込み受験する方法です。

講座を受講する場合

ウェブ解析士講座を受講する方法では、一般社団法人ウェブ解析士協会(WACA)が実施しているウェブ解析士講座の受講申し込みをすることになります。受講後に認定試験の受験を受験し、合格した後に認定申請レポートを提出することで、ウェブ解析士となることができます。
かかる費用は、講座受講料10,800円、初回試験受験料17,280円に加えて、公式テキスト代4,320円です。ちなみに、不合格となってしまった場合の再受験料は11,880円です。

直接試験を受験する場合

直接試験を受験する方法では、試験を申し込み、会場で受験することになります。講座を受講した場合と同様、認定試験に合格後、認定申請レポートを提出することで、ウェブ解析士の資格を得ることができます。
かかる費用は、初回試験受験料17,280円、公式テキスト(講座受講なしでも、受験のためには購入が必須)代4,320円です。

Webマーケティングの経験が長く(目安は5年以上)自分の実力を試したい方は直接受験の方法でもよいかもしれません。
しかし、それ以外の場合は、講座を受講して試験に挑戦する方法をオススメします。講座を受講することで、プロの講師から体系的に知識を学ぶことができますし、ウェブ解析士を目指す同志の仲間もできます。どちらもかかる費用は変わらないのですから、少し手間でも講座を受講するのがよいでしょう。

ウェブ解析士資格取得のメリット

知識が体系的に身につく

Webマーケティングに関する知識を体系的に身につけていくことができます。カリキュラムは毎年アップデートされているため、最新の知識や情報にキャッチアップしていくことも可能です。

アクセス解析に限らずWebマーケティングに必要な全般の知識を得られるため、アクセス解析以外のことにも目を向けられるようになりますし、KPIを意識した計画立案ができるようになり、それに基づいた効率的なWebマーケティングができるようになります。

実務能力も身につく

ウェブ解析士の資格認定には、知識だけでなく、ウェブ解析ツールを用いたレポート作成が必須です。そのため、知識だけではなく実務能力も身につけることができます。

Webマーケティングの学習モチベーションを保てる

ウェブ解析士は資格試験なので、試験日が決まっており、それに向けて勉強していくことになります。決まっている試験日に向けて、公式の教材の問題演習を繰り返したり、認定講座を利用したりすることで、Webマーケティングを学ぶモチベーションを維持・向上させながら学習を続けることができます。

資格を持つ人材として活躍できる

一般社団法人ウェブ解析士協会認定の「ウェブ解析士」という資格を持つ人材として、そのスキルを証明できることになります。ウェブ解析士の認定証に加え、認定カードを受け取れ、認定者名簿に掲載することで資格を証明します。

特に、Web関連の企業でウェブ解析士の資格の有無を重視するところが増えてきており、就職や転職にも有利となります。また、ウェブ解析士協会に、ウェブ解析士を求める企業を紹介してもらうこともでき、ウェブ解析のプロフェッショナルとして働いていくことができるでしょう。

人脈が広がる

ウェブ解析士の講座を受講したり、セミナーや勉強会に参加することで、業種や経験を超えた人間関係を構築することが可能です。皆、ウェブ解析への興味を持っている同志のため、業務のうえでも協力していくことができます。

まとめ

Webマーケティング・アクセス解析に関する資格「ウェブ解析士」をご紹介しました。
当然ながら資格取得には時間・労力がかかり、なかなか一歩を踏み出しにくいですが、webに携わっている人からすると日々の業務に直接つながってくるので、是非とも資格取得の勉強にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Webマーケティングを基礎から学びたい、まず始めてみたいという方は、ウェブ解析士の講座受講から始めてみるのはいかがでしょうか。既にWebマーケティングの経験年数が長く自信がある方は、上級ウェブ解析士の試験を受験してみてもよいかもしれません。