SEMとは何か?Web用語「SEM(検索エンジンマーケティング)」を解説

GoogleやYahoo!などの検索エンジンが活用されている現代、企業や店舗のWebサイトも数多く存在しています。
検索結果の画面で上位表示することが売上にも知名度にも大きく影響すると考えられ、検索順位を気にする人も増えてきました。
そこで今回は、Web上の特に検索エンジンを用いたマーケティング手法「SEM」について解説していきます!

SEMとは

SEMとは、「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)」の略称です。

「検索エンジンがつくということは、SEMはWebマーケティングということ?」と思われた方もいるかもしれませんが、SEMはWebマーケティングの一部です。

SEMは、GoogleやYahoo!などを活用して特定のWebサイトへの訪問者(集客)を増やす「検索エンジン」に特化したマーケティング手法です。

Webサイトへの集客に加え、商品の購入やリピーターの増加、訪問者や優良リピーターに合わせたWebサイトの改善やアクションなど、Web上のサービスを用いたトータルマーケティングが「Webマーケティング」です。

通販などのオンラインサービスの普及により、企業や店舗にとってWebサイト経由の売上も重要になってきた今、売上UPに必要な集客を担うマーケティング手法「SEM」が注目されています。

SEMの施策

検索エンジンを経てWebサイトに集客するには、検索結果画面に対象のWebサイトを表示させることが重要です。
ユーザーがよく見る場所に表示させることができれば、さらに集客効果が高くなります。

このように検索結果画面にWebサイトの露出を増やす施策として「SEO」と「リスティング広告」という手法があります。
この2つは、SEMで用いられる代表的な施策です。

SEO

「SEO」とは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略称です。
SEM「Search Engine Marketing(検索エンジンマーケティング)」と言葉が似ているところが多く、混同してしまう方もいますので、しっかり区別できるようにしておきましょう!

検索結果画面には「広告」と書いてあるものとそうでないものがありますが、「広告」以外のものを「自然検索」と呼びます。

 出典:Google

SEOは、「自然検索」で上位に表示させるために、Webサイトやそのページを最適化する施策です。
何かを検索したとき、検索結果の1ページ目は見ることが多いですが、5ページや10ページまで見ることはほとんどありませんよね。
ユーザーの目にとまり、Webサイトに訪問してもらうには検索結果ページの1ページ目や2ページ目に表示される検索順位が必要です。

その重要な検索順位を決めているのがGoogleです。
Googleの考えに合わせたWebサイトを展開することが「最適化」であり、検索順位を上位にもっていくことにも繋がります。

では、その「Googleの考え」とはなんでしょうか。
正解を知ることは難しいですが、ヒントがGoogleの公式Webサイトにあります。

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」

Google が掲げる 10 の事実

「世界中の人々が Google 検索で情報を見つけ、興味のあることについて学び、重要な意思決定を行っています。Google のサービスは人々の生活を支えるものであり、私たちのコミットメントが揺らいでしまうようなことがあってはなりません。テクノロジーは進化し続けますが、Google は、情報を検索するユーザーの皆様を将来にわたって支援し続けます。Google は、以下の方針に基づいて検索サービスを提供します。」

検索に対する Google の方針

このことから、ユーザーのことを考えたWebサイトがGoogleから高評価を得られるということが考えられます。
SEOの施策として、UI/UX改善やコンテンツ制作など様々な方法が考えられていますが、「ユーザーがこのWebサイトをみて満足してくれるか」というユーザーファーストの考えでWebサイトの改善や展開に臨むことが重要です。

リスティング広告

先にも述べましたが、検索結果画面を見てみると「広告」という表示をみることがあります。
この広告が「リスティング広告」です。
検索結果画面の上部や右側に表示されることが多いのでユーザーの目にとまりやすいことが特徴です。
また、ユーザーが検索したキーワードに連動した広告が表示されますので、関心が強いユーザーが訪問してくれるという利点もあります。

 出典:Google

リスティング広告は、検索されるキーワードを指定して出稿することができますが、自然検索とは違い、表示させるためには費用がかかります。
ユーザーが広告をクリックするごとに支払いが発生する課金方法を用いており、人気キーワードなど
競合が多ければ多いほど1クリックあたりに発生する金額も高くなる傾向があります。

費用は発生しますが、企業や店舗が狙いたいニーズを抱えたユーザーへ的確にアプローチすることができる施策が「リスティング広告」です。

SEM戦略

SEM戦略にどのくらい予算が割けるのか、人材はいるのかなど、企業や店舗の状況により対応策は変わってきますが、SEM施策の特徴を理解しかけ合わせることが重要です。

SEOの特徴

  • 効果が出れば継続した集客が望める
  • 広告よりも自然検索の方がクリック率が高い
  • 効果が出るまでに時間が掛かるケースが多い
  • 専門的知識や技術が必要
  • Webサイトの改善には大きな費用がかかる可能性がある

リスティング広告の特徴

  • 集客の即効性がある
  • ターゲットを絞ることが可能
  • 媒体への広告費用が発生する
  • 広告をやめれば集客効果もなくなる
  • 広告よりも自然検索が好まれる傾向にある

それぞれの特徴から、リスティング広告は短期的な施策に向いていて、SEOは中長期的な施策にむいていると言えます。
単発キャンペーンや季節・期間限定のサービスについてのWebサイトに集客させたい場合には、リスティング広告が効果を発揮するでしょう。
企業名やブランド名、サービスの知名度を上げていくには、SEOによる中長期的な施策が必要ではありますが、SEOの効果が出るまでリスティング広告でWebサイトへ集客する手法も効果的です。

まとめ

SEMについて解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

Webサービスの発展や普及によって、消費者の行動や心理も大きく変化している中、企業の取り組みにも変化が起きています。
Web上での知名度獲得や、Webサイトの集客・売上への関心が高くなっていることも、その変化の一部かと考えられます。

今回の記事が、SEMの理解や導入へのヒントに少しでもなれたら嬉しいです!

また「対応方法が分からない」「自分でやるのは難しい」とお悩みの方には
実装も可能なジオコードのSEOがおすすめです!