Google Search Consoleの使い方や登録方法をWEBマーケ初心者にもわかりやすく解説いたします

WEB担当をしていく上で欠かせないのがGoogleアナリティクスとGoogle Search Console(以下、サーチコンソール)。
アナリティクスは見れても、サーチコンソールまでは…というWEB担当の方は多いのではないでしょうか?
そんなWEB担当の皆様に、この記事では「サーチコンソールとは何か?」から、サーチコンソールの登録方法や各項目ごとの説明・使い方まで解説していきます。

サーチコンソールとは?

サーチコンソールとは、サイトの掲載順位やサイトがどのようなキーワードで流入しているか、サイトの状態等を確認することができるGoogleが無料で提供しているツールです。
※以前は「ウェブマスターツール」と呼ばれていましたが、2015年5月20日から「サーチコンソール」に名称が変わりました。

簡単に例えるのであれば
サイトの状態が良いのか悪いのかを判断してくれるお医者さんの様な存在になります。

サーチコンソールを使うと一例ですが下記のようなことができます。

  • サイトへの流入キーワードがわかる
  • 検索結果でサイトの掲載順位が何位だったか、検索結果に何回サイトが表示され、どれくらいクリックされたかがわかる
  • ページのインデックス状況をチェックできる
  • サイトがペナルティを受けているかがわかる
  • モバイルユーザーに対して、サイトのユーザービリティの悪さがわかる
  • Googleクローラーに対してサイトへのクロールを促すことができる etc.サイトへの流入キーワードがわかる

サーチコンソールを使いこなす事ができれば、実際のデータからサイトの分析や改善に役立たせることができるので登録は必須です。

サーチコンソールの登録方法

お持ちのGoogleアカウントにログインします。
もしアカウントをお持ちでない場合は、下記リンクからアカウントの作成をお願いいたします。
Googleアカウントの作成

次にサーチコンソールのページに移動して、「今すぐ開始」のボタンをクリックします。

出典:Google Search Console

サーチコンソールのログインはこちら

「今すぐ開始」のボタンをクリックすると「プロパティタイプの選択」が表示され、「ドメイン」「URLプレフィックス」を選択することができます。

出典:Google Search Console

「ドメインは」は複数のURLを1つでまとめることができる登録方法で、例えば「https://www.example.com」と「https://example.com」のURLが存在していたら、それぞれを登録する必要がありません。

ただし、DNSによる所有権の確認が必要なので、ここでの説明はもう片方の「URLプレフィックス」で進めます。

「URLプレフィックス」はURLを1つずつ登録する方法です。上記の例でいうと「https://www.example.com」と「https://example.com」は別々のURLとして登録する必要があります。

URLの入力欄に登録するURLを入力し「続行」をクリックする所有権の確認画面になります。

確認方法は複数ありますが、ここではGoogleが推奨する「ウェブサイトにHTMLファイルをアップロードする」場合の説明をさせていただきます。

出典:Google Search Console

【ファイルをダウンロード】で表示されているファイルは所有権を証明するためのHTMLファイルになります。

まずはファイルをダウンロードしていただき、ファイルアップロードソフト(FTP等)を利用してアップロードをおこなってください。
アップロード場所はサイトのルートディレクトリです。
アップロードが完了し、確認ボタンをクリックし問題がない場合はホーム画面に追加したサイトのメインが表示されます。

出典:Google Search Console

サーチコンソールの各項目と使い方

それではいよいよサーチコンソールの各項目と使い方についてです。
様々な機能がありますがここではよく使われる項目を中心に説明します。

サマリー

サイト全体の状態把握とエラー等の確認を簡単に行う事ができ、「検索パフォーマンス」「カバレッジ」「拡張」の項目の内容がわかります。
デフォルトの状態では過去3か月のデータが表示されています。

検索パフォーマンス

サイトへの流入キーワードがわかったり、検索結果でサイトの掲載順位が何位だったか、検索結果に何回サイトが表示され、どれくらいクリックされたかがの情報がここで確認できます。 サーチコンソールではこの項目を特に利用しサイト改善に活用します。

URL検査

ページがGoogleにインデックスされているか、いつGoogleのクローラーがサイトをクロールしたか、モバイル対応しているか等を確認することができます。
また、URLがGoogleに登録されていない場合は、インデックス登録のリクエストをここから行えます。

カバレッジ

Googleへのインデックス登録状況を調べる事ができます。
サイトをリニューアルしたり、新しいページを追加した場合等に、よく使う項目になります。
インデックス数を調べたり、ページがインデックスされていない場合はその原因を調べる事ができたり、クロールが正常に行われているかどうかチェックする事ができます。

サイトマップ

XMLサイトマップをここから登録できます。登録しておくことでGoogleにサイトの構造を明確に伝えることができます。
ここでGoogleにサイトの構造を理解してもらう事で、サイトの評価を上げる事にもつながります。

セキュリティと手動による対策

Googleが定めているガイドラインに対して違反行為等があった場合に、確認することができる項目となります。
検索結果の順位が下がった等、ペナルティの疑いがあった場合に確認する項目となります。
万が一ペナルティを受けた場合も、修正した内容をここから報告する事も可能になっております。

リンク

外部リンク、内部リンクについての状況把握ができます。
外部リンクによるペナルティがあった場合は、ここで外部リンク一覧を抽出し確認する事ができます。
もし、アダルトサイトや相互リンク、等の危険度が高い外部リンクがある場合は否認申請を行い、Googleからマイナス評価されているリンクを否認しましょう。

まとめ

サーチコンソールの使い方をマスターすればサイトをより深く分析する事ができ、新たな気づきも得られ、サイトの改善に役立たせることができます。

サイトのパフォーマンスを最大限に活かす為に、今日からはぜひ毎日サーチコンソールをチェックし、エラーの解消やサイト改善に役立てていきましょう。

「対応方法が分からない」「自分でやるのは難しい」とお悩みの方には、実装も可能なジオコードのSEOがおすすめです!