オーガニック検索とは?意味や表示場所などを解説

webサイトでの集客を行っていると、「オーガニック検索」や「自然検索」などの言葉がたくさん出てきます。Googleアナリティクスでも「Organic Search」という言葉で出てくるなど、かなり重要な指標の一つです。ここではオーガニック検索とはどのような意味なのかを解説します。

オーガニック検索とは

オーガニック検索は、GoogleやYahooなどの検索エンジンから検索をした際に、表示される検索結果のうち「広告」と書いてある広告枠を含まない場所を指します。

検索エンジン側で自動的にサイトを評価し、ランキングをつけ、評価の高い順番に表示されます。オーガニック検索は「自然検索」と呼ばれることもあり、同じ意味を指す言葉です。

Google アナリティクスでは「Organic Search」

webサイトの集客状況を調べることができる定番のツール「Googleアナリティクス」というツールがあります。恐らくこちらのサイトを見ておられる方は、導入されているツールかと思います。

Googleアナリティクスでは「Organic Search」や「自然検索トラフィック」の数値を確認することでオーガニック検索からの流入数を調べることができます。

広告と書いてある部分は、オーガニック検索ではない

同じ検索結果にでてくる、オーガニック検索と混同しがちな指標に、検索連動型広告があります。
検索の上位1~4つ程度のサイトが広告枠として表示されます。
(必ず表示されるわけではありません)
見分け方はサイトに入るためのリンクの左上に「広告」と書かれています。

こちらはオーガニック検索とは違い、お金を払うことにより表示をさせることができ、他のサイトよりもお金を欠けることで、検索の上位に表示させることができます。

オーガニック検索を増やすにはSEO対策を行う

オーガニック検索は、広告とは違いお金をかけても上位に表示される訳ではありません。
ご自身のwebサイトがどれだけユーザーの知りたい情報が記載されているのかが重要になってきます。
また少しでも検索エンジンにサイトに記載されている情報がどのようなものなのかを正確につたえる必要があります。
上記のような内容をしっかりとおこなうことで、オーガニック検索で上位に表示されるようになります。
オーガニック検索で高い順位で表示されるように、サイトの強化を行ったり・修正を行うことをSEO対策(検索エンジン最適化(Search Engine Optimization))と呼ばれます。

まとめ

オーガニック検索は、検索結果ページに表示されるもののうち、検索連動型広告やマップなどを除いた、部分い表示される検索結果のことを指します。
広告のようにお金を出せば表示される訳ではなく、検索エンジンに有益な情報が乗っているサイトだということを伝えなければなりません。

検索順位を決定する評価は何百種類以上の項目があると言われており、項目も公表されておらず、日々更新されるため、これをやれば上位表示されるというものもありません。
そのため、上位に表示させるのは容易ではありませんが、上位に表示された際の流入数の増加もかなり期待できます。

「対応方法が分からない」「自分でやるのは難しい」とお悩みの方には、実装も可能なジオコードのSEOがおすすめです!