関連キーワードとは?SEO対策に役立つポイントについて

Googleの関連キーワードとサジェストキーワードの仕組みについてご存知でしょうか。
なんとなく知っている方は多いかと思います。

関連キーワードは、検索結果ページの最下部に表示されるキーワードであり、「検索したキーワードに関連するキーワード」のことを言います。

対して、検索窓に文字を入力する際、「よく検索されるキーワード」が候補として表示されるようになっていて、キーワードを予測して提案してくれるこの機能のことをサジェスト(入力補助)といい、そこから表示されるキーワードがサジェストキーワードとなります。

では、これらは実際にはどのような仕組みで表示されるのでしょうか?
今回はGoogleの関連キーワードとサジェストキーワードの仕組み、SEO対策との関連などについて解説します。

関連キーワードとは?

前述の通り、関連キーワードとはGoogleで検索した際に検索結果ページ最下部に表示される「○○に関連する検索キーワード」と表示されるキーワードのことです。

検索ユーザーによって、よく検索されているキーワードを候補として表示してくれる補助機能です。SEO対策を行う上でも、「よく検索されているキーワード=ユーザーにとって求められているキーワード」と考えられ、検索ユーザーの検索意図を把握するために非常に重要な指標となります。

サジェストキーワードとは

関連キーワードとよく間違われやすいのがサジェストキーワードです。

サジェストとは、Googleの検索窓に検索したいキーワードを入力すると一緒に検索されやすいキーワードを自動で表示してくれる補助機能のことを言い、ここから導き出されるキーワードをサジェストキーワードと言います。

GoogleやYahoo!以外にも、YouTubeやAmazonなどでも同じような機能が実装されているため、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

パソコン、スマホ、タブレットなど、使用しているデバイスによって変化し、検索ボリュームにかかわらず表示されるのが特徴です。

サジェストキーワードの仕組み

サジェストキーワードは別名「オートコンプリート」とも呼ばれています。サジェストキーワードが表示される仕組みは次の通りです。

検索候補のベースとなるもの

・入力した検索キーワード。
・過去に行った関連する検索(Google アカウントにログインしており、[ウェブとアプリのアクティビティ] を有効にしている場合)。
・他のユーザーが検索しているキーワード(急上昇ワード検索を含む)。急上昇ワード検索は、ご利用の地域で人気を集めているトピックであり、1 日を通して変化し、ユーザーの検索履歴には関連していません。

引用:Android – Google 検索 ヘルプ

サジェストキーワードは、同じキーワードを入れてもそのときの時事ネタなどを反映することもあるため、数日後には違う表示が出るということもあります。

関連キーワードとサジェストキーワードの違い

「関連キーワード」と「サジェストキーワード」の違いを一言で表現するならば、「自分自身の検索傾向の有り・無し」ということです。

  • 「関連キーワード」は、自分自身の検索傾向は除外して表示される
  • 「サジェストキーワード」は、自分自身の検索傾向を考慮して表示される

上記ポイントが関連キーワードとサジェストキーワードの大きな違いとなります。

関連キーワードがSEOで大切!

関連キーワードはSEO対策で重要な指標となります。
自分自身の傾向で表示されるサジェストキーワードで対策を講じるよりも、自分自身の検索傾向を除外し、他の人がよく検索している関連キーワードでSEO対策を考える方が、検索意図を把握することができるからです。

しかしながら、関連キーワードには「リアルタイム」(現在流行している)キーワードは表示されないという弱点もあります。「関連キーワード」は検索ボリュームはありますが、リアルタイム性はないため、これを認識した上でコンテンツ作成やキーワード選定をしていく必要性があります。

リアルタイム(流行している)の検索ボリュームを知りたい場合

リアルタイムでの検索ボリュームを知りたい場合は下記ツールを使用するのがオススメです。

①Googleトレンド

リンク:Googleトレンド

現在流行しているキーワードの人気度を過去・現在で把握することができます。また、キーワード同士でどちらの方が検索されているかの調査なども可能です。

②Twitter

リンク:Twitter

オンタイムで情報を知ることができ、ツイートによって実際にユーザーがどんな意見を発しているか確認することが可能です。

③キーワードプランナー

キーワードプランナーはもともと広告運用のためのツールです。月間の平均検索ボリュームなど、どれだけ検索されているかを把握できます。

これらのツールをうまく活用し、関連キーワードとの検索ボリュームを確認することで、SEO対策を有利に進めることが出来ます。

まとめ

関連キーワードとサジェストキーワードの違いや、SEO対策でも役立つポイントを解説していきました。現在流行している言葉や関連キーワードは、SEO対策にコンテンツ作成や対策キーワードの選定の大きなヒントとなります。検索意図を把握し、効果的なSEO対策に取り組むためにぜひ活用してみてください。