記事代行サービスを利用するメリットは?注意点とともにご紹介

コンテンツ記事の作成は、コンテンツマーケティングやコンテンツSEOにおいて重要といわれています。良質なコンテンツ記事をコンスタントに作成するために知っておきたいのが、記事を外注できる「記事代行サービス」です。
今回は、記事代行を利用するメリットやデメリット、また、注意点などもをご紹介していきたいと思います。

記事代行サービスとは?

コンテンツ記事の作成を行なう際、記事作成を行うスキルや知識不足、リソースが確保できない等の問題にお悩みの方も多くいらっしゃると思います。そんな方におすすめなのが、記事作成を請け負ってくれる記事代行サービスです。
記事代行サービスでは、自身で作成することが難しい専門性の高いコンテンツ記事や体験談などの量産ができ、コンスタントに良質な記事のリリースが可能となり、SEOの効果も高めることができます。
さらに、記事代行サービスにはSEOに注力しているところもあるので、自身にSEOについての知識がない場合でも、SEO対策に有効なコンテンツ記事の作成も可能となるのです。

また、記事代行サービスは、「クラウドソーシング」と「ライティング専門業者」といった2種類に分類されます。以下では、それぞれの特徴についてご説明していきたいと思います。

クラウドソーシング

クラウドソーシングの記事代行は、Webサイトなどでフリーランスのライターと発注者がマッチングしておこなう形の記事代行サービスとなります。
クラウドソーシングによる記事代行の特徴として、料金が若干安く、ライターへの要望や指示出しなどを直接行えるというものがあります。コストをあまりかけることなく、比較的スピーディーに仕事の依頼ができることはメリットといえます。
しかし、個々のライターのスキルや経験に差があり、記事のクオリティにバラつきが出てしまう場合もあるので注意が必要です。

ライティング専門代行業者

ライティング専門代行業者は、専門業者の専属ライターが記事作作成を行なってくれる記事代行サービスを提供しています。
ライティング専門代行業者には、多くの場合専門業者のディレクターがおり、納期のスケジュール管理や、記事の詳細な設定やライターへの指示出しなどのディレクション業務もおこなってもらえます。そのため、発注者の手間は大幅に省くことができます。また、記事に関しても、クラウドソーシングの記事と比較してクオリティの高いものが多いようです。
ただ、ライティング専門代行業者に記事代行サービスを依頼した場合、クラウドソーシングより料金が比較的高額になるので、利用の際は各業者の料金設定などをしっかり確認するようにしましょう。

記事代行サービスのメリット・デメリット

この項目では、記事作成を代行するメリットについてさらに詳しくご紹介させていただきます。また、記事代行サービスを利用する上で注意しておきたいデメリットについても解説させていただきたいと思います。

記事代行サービスのメリット

低コストで大量にコンテンツ記事の作成ができる

記事代行サービスを利用することの最大のメリットは、短期間に大量のコンテンツ記事の作成が行なえることでしょう。
例えば、企業などにおいて同じように大量の記事作成を行なうと仮定します。その場合、ライターとなる社員を直接雇用したり、他の業務をこなしながら限られた時間で記事作成を行なわなければいけません。
しかし、記事代行サービスを利用することで、これらの負担やコストを軽減し、コンテンツ記事のコンスタントなアップが可能となるのです。

専門スキルを持ったライターによって専門性の高い記事作成が可能

記事代行サービスを利用して専門的な知識を要する記事作成を行なう場合、その分野に明るいライターに記事作成を依頼することが可能です。記事代行業者には、さまざまな分野の専門スキルを有している人材が在籍しています。そのため、記事作成のために専門的な知識を新たに勉強したり、専門スキルのある人材を確保する必要がなくなるのです。
無駄なコストをかけず、必要な記事を必要な分だけ良質なコンテンツ記事の作成できるというところも記事代行サービスのメリットといえます。

記事代行サービスのデメリット

複数の執筆ライターにより記事内容にズレが生じる

記事代行サービスを利用して、複数のライターに記事作成を依頼した場合、記事の内容にズレが生じてしまうことがあります。これは特にクラウドソーシングの記事代行サービスに当てはまるケースなのですが、個々のライターによってスキルや経験は違うため、品質にバラつきが生じしまうのです。
または、単純に記事についての指示が明確でなかった場合は、解釈違いから内容にズレが生じてしまう、ということもあります。
そのため、記事代行サービスを利用する際は、記事の内容に関する指示は明確に行うようにしましょう。

記事作成の料金が割高になってしまう場合も?

記事の作成を外注するということは、外注費というものがかかります。記事代行サービスには、料金プランによって記事作成の単価が高額になってしまう場合もあるのです。専門性の高い記事の作成に関しては、特に料金が高くなる傾向にあるようです。
料金に対して、その記事を自分たちで書いた場合のクオリティや時間と比較し、見合っているかをしっかり考慮して発注を行うようにしましょう。

記事代行サービスを利用する際の注意点

記事代行サービスのメリットとデメリットについては前述で解説させていただきました。
ここからは、記事代行サービスを実際に利用する場合に気を付けておきたい注意点や、確認しておくべきポイントなどをご紹介させていただきたいと思います。

記事代行サービスの料金プランが適性のものか調べる

記事代行サービスを検討する際は、対象の記事代行会社が設定している料金プランが適性なものなのかを事前に調べておきましょう。適正な料金を把握するには、複数の会社に見積もりを出してもらい検討することが望ましいです。
また、一口に記事作成といっても、その過程にはキーワードの調査や選定、構成案出し、記事に挿入する画像の選定や作成があり、スケジュールや品質を管理するディレクション業務などがあります。こちらでキーワードを指定して単に記事のライティングを依頼する場合と、キーワード選定から依頼する場合では料金が異なるというケースもあるのです。
これらの料金設定を把握しておくことで、後にトラブルに繋がることも避けられるでしょう。

記事作成の実績やサンプル記事を確認する

記事代行サービス業者は、記事作成実績やサンプル記事などの内容を確認して選ぶようにしましょう。会社によっては、サンプルとしてまず1記事を作成するなど、対応してくれるところなどもあります。
こういったサンプル記事や作成実績を実際に見て、こちらが発注を検討しているような記事が作成可能なのかの判断材料にするとよいでしょう。

こちらが求める記事作成が可能なのかを確認しておく

記事代行サービスは、各業者やライターによって、それぞれ特徴があります。SEO効果を意識した記事、体験談やコラム記事、ブログやSNSなど、業者ごとの強みや得意な分野を確認し、目的の記事作成にあった記事代行サービスを利用する等にしましょう。その会社に在籍しているライターが対応可能な範囲、また、反対に対応できない範囲などを把握し、記事代行サービス会社を選ぶ材料するとよいです。
また、修正の範囲や、発注可能な記事数、納品のスケジュール感なども確認しておけば、実際記事代行サービスを利用した際のイメージがわきやすいです。記事自体のクオリティはもちろんのこと、このような記事作成にあたっての詳細も事前に確認しておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、記事代行サービスのメリット・デメリット、注意点についてご紹介させていただきました。
コンテンツマーケティングやコンテンツSEOにおいて、高品質の記事作成は必須といわれています。近年では、コンテンツ強化を目的として記事作成を試みる企業も増えています。今回ご紹介したような記事代行サービスを活用して、業務効率化を図りながら良質なコンテンツを充実を目指しましょう。